ばいようきょう

◆三蔵法師・玄奘が持ち帰った実物経文写真を初公開◆

玄奘三蔵(602〜664)が、インドへ行ったのは、中国で紙が発明されて500年以上後ですが、
インドから持ち帰った経文は、貝葉経520巻でした。
●貝葉経とは

貝葉経(ばいようきょう)はヤシの葉に書かれたです。貝葉は貝多羅葉(ばいたらよう)の略で貝多羅はタ−ラというヤシ科の葉ということです。

葉にあけられた穴は綴じるためのもので、2ヶ所に開いています。使う時は紐をゆるめ、一枚ずつめくります。このような形式は、お経に限らず当時のインドの一般的な書物の形態のようです。

今回、西安の玄奘ゆかりの興教寺の許可を頂き、非公開の貝葉経の写真撮影が出来ましたので
展示いたします。
◆展示会名「シルクロード仏教美術の源流と伝承展」
・期間 2005.5.17〜25 am10:00〜pm5:00 東京都文京区 日中友好会館1階・美術館

西安・興教寺の玄奘貝葉経

西安・興教寺

興教寺・常明法師

トップページへ
葉にあけられた穴は綴じるためのもので、2ヶ所に開いています。使う時は紐をゆるめ、めくります。

貝葉経リンク

やさしい仏教入門/貝葉経

大上清氏のページ